沖縄の地理についても知っておく

沖縄旅行に行く人はまず沖縄の地理的な情報を知っておくといいでしょう。
旅行のガイドブックに頼るというのもいいですが、実際に自分で沖縄の地理を理解しておくことで、より効率よく沖縄旅行を楽しむことができるようになります。
まず沖縄は亜熱帯地域に属しています。
地理的には与那国島から台湾まで100kmとかなり近い距離にあります。
那覇からの距離としては大阪と同じくらいの距離にマニラや香港があり、東京と同じくらいの距離にソウルがあるということになります。
沖縄は大小様々な360もの島から成り立っています。
一つ一つの島の大きさは小さくても、沖縄自体は東西1000km、南北400kmとかなり広大な環境になるわけです。
沖縄で最北端が伊平屋島、最南端が波照間島、東端が北大東島、生誕が与那国島になります。
これは有人島になり、無人島であれば更に遠くに島があります。
面積は約2276平方キロ、人口は140万人ほどになります。
県木は琉球松、県花はデイゴ、県鳥はノグチゲラ、県魚はタカサゴになります。
沖縄は自然豊かな環境と温暖な気候で、日本と言っても本土とは環境が全く異なると考えておくといいでしょう。
本土では見られないような植物や食べられないように食物があります。
そういった沖縄ならではのものを楽しむためにも、沖縄の地理や文化を知っておくといいでしょう。