沖縄について知っておくといい

沖縄旅行をより楽しむために、沖縄について知っておくといいでしょう。
基本的な知識から歴史に関することまで、事前に情報を持っておくとより楽しい沖縄旅行になるかもしれません。
まずは沖縄に興味をもつことが大切になります。
ここでは沖縄の歴史について紹介していきましょう。
約一万年前には沖縄は大陸とつながっていたとされています。
沖縄に住んでいた先住民は、大陸からの移民だと考えられています。
そう言われてみれば本土とは少し違う顔つきの人も多いですね。
旧石器時代から人が住んでいたのではないかと考えられています。
当時の人達の暮らしは詳しくはわかっていませんが、魚介類を中心に採取して生活していたようです。
農業が伝わってくると、按司という実力者が現れてきます。
その後グスクが作られました。
グスクが作られるということはそこに権力があったということになります。
その後沖縄本当を三分する時代になっていき、尚巴志によって1429年に沖縄本島が統一され、琉球王国ができたとされています。
琉球王国時代には交易が盛んになります。
中国の文化が多く入ってきたのもこのためでしょう。
中国との関係が良好になると、沖縄は交易後として欠かせない存在になっていきました。
第二尚氏王朝になると、徐々に琉球文化の基礎ができてきます。
宮廷文化や玉陵や園比屋武御嶽石門などの石造建築物を多く建築しました。
首里王国が保護することで、琉球の文化は発展していったとされています。
最近の沖縄については皆さんが歴史の授業で習ったとおりです。
第二次世界大戦中には戦火に巻き込まれ、日本に返還されました。
その後首里城などが復元され、現在の沖縄になっています。