山に入る前に知っておきたい注意事項

沖縄旅行といえば海、という人が多いかもしれませんね。
しかし何泊かするような人は、ずっと海ではなく山登りや観光を楽しむスケジュールを組んでいる人も多いものです。
特に山登りは沖縄の自然を感じることができるということから人気になります。
トレッキングなどの簡単な山登りのツアーを組んでいることもあります。
亜熱帯気候ということで本土と違う気候を楽しむことができる山登りにはもちろんルールがあります。
山登りには常に危険が伴うので、注意が必要です。
山に入る際に持って入った荷物はすべて持ち帰るようにしましょう。
ゴミを放置して帰るということはマナー違反です。
自然を満喫しに山へはいったのに自然を壊すような行為はやめましょう。
自然を壊すような行為としては他にも草木を無闇に採取したり傷つけたりするような行為もしてはいけません。
山の自然は管理されていることもありますし、手を付けないことで自然を守っていることもあります。
山にはいった人が勝手な行動をすると、それだけで自然が壊れるきっかけになります。
トレッキングは子供でも簡単に楽しむことができるので人気があります。
しかし山の天気は変わりやすく、危険な生物が潜んでいることもあります。
気軽に登るのではなく、しっかりと装備を整えておきましょう。
危険生物としてあげられるのはハブです。
ハブは夜行性なので日中は岩陰などで休んでいます。
それを刺激すると噛まれることもあるでしょう。
他にもスズメバチに刺されるという被害も報告されています。
アフリカマイマイには寄生虫が感染していることから、無闇に触ると死に至ることもあるため、注意しておく必要があります。

関連記事: