雨でも楽しめる琉球ガラス体験

雨でも楽しめるレジャープランについてあらかじめ考えておけば、強い雨が降っているために外出できない状況でも遊ぶことができます。
本記事では、雨でも楽しめる体験教室のひとつである『琉球ガラス体験』についてご紹介いたします。

『琉球ガラス村』では体験教室に加えて琉球ガラスのギャラリーやショップ、レストランなども楽しめます。

『琉球ガラス村』とは、沖縄本島の最南部に位置する糸満市に存在する琉球ガラス工房です。
手づくりでガラス細工を制作しているほかに、琉球ガラスの体験教室を行っています。
体験教室では、5分間で完成できるオリジナルのグラスづくりにはじまって、万華鏡やフォトフレーム、アクセサリーの制作など、さまざまなプランが豊富に用意されています。

体験教室だけではなく、1300℃にまでも到達する窯を利用した琉球ガラス職人の技を見学することも可能です。
また、『琉球ガラス村』には、琉球ガラスのギャラリーやショップ、レストランなども併設しているので、体験が終わっても雨が降りつづいていたとしても、そのままさまざまなことを楽しむことができます。

「とことんコース」でしっかりとした琉球ガラスが作成できる『てぃだ工房』。

『てぃだ工房』とは、ビーチスポットとして有名な恩納村にある琉球ガラス工房です。
約10分程度で制作できるオリジナルグラスを作るための体験教室が催されています。
スタッフがしっかりとサポートしてくれるので、初心者であっても安心して確実に琉球ガラスを制作可能です。
また、雨がしばらく降りつづいてしまう時は、「とことんコース」を申し込んで、もっとしっかりとした琉球ガラスを制作することもできます。

沖縄自動車道許田インターチェンジからすぐのところにある『森のガラス館』。

『森のガラス館』とは、沖縄県の北部に位置する名護市にある琉球ガラス工房です。
沖縄自動車道許田インターチェンジを降りてから、そのまま自動車で10分程度走行すれば到着できるため、急に天気が悪くなった際に立ち寄るためには最適な工房と言えます。
体験教室では、とんぼ玉やアクセサリー、ジェルキャンドルなど多彩な琉球ガラスを作成可能です。
また、ショップもあるので、おみやげとして美しい琉球ガラスを持ち帰ることができます。

沖縄では、強い雨が降っている最中には、雨の時にも楽しめるさまざまなレジャーを堪能してみることをおすすめします。
そのひとつとして、ぜひ『琉球ガラス体験』に興味がある方は参加してみてください。

関連記事: