雨でも楽しめる手づくりシーサー体験

沖縄の天気はとても変わりやすいため、雨でも楽しめるレジャープランについてあらかじめ考えておくことがとても大切と言えます。
本記事では、雨でも楽しめる体験教室のひとつとして、『手づくりシーサー体験』についてご紹介いたします。

沖縄の守り神であるシーサーを粘土でつくる『手づくりシーサー体験』。

『手づくりシーサー体験』とは、その名の通り、沖縄の守り神であるシーサーを粘土でつくるという体験教室のことです。
『手づくりシーサー体験』には、お子様から大人まで参加することが可能であり、お値段も1000円から3000円なので、とてもリーズナブルと言えます。

自分の頭のなかで考えたオリジナルデザインのシーサーを作成できる『沖縄アート体験 美ら風』。

『沖縄アート体験 美ら風』では、お子様や大人が自分の頭のなかでイメージしたシーサーを粘土からデザインする制作プランが用意されています。
オリジナルのデザインであっても、工房に所属するスタッフが懇切ていねいに指導してくれるので、安心して完成させることが可能です。
『沖縄アート体験 美ら風』は国際通りの近くに工房を用意しているので、強い雨が降っていても比較的立ち寄りやすい立地と言えます。

見本があるのではやい人ならば1時間程度でシーサーをつくれる『手作り体験工房《てぃあんだー》』。

『手作り体験工房《てぃあんだー》』とは、国際通りから10秒の立地にあるシーサーづくりの体験教室です。
あらかじめ見本が用意されているので、具体的なイメージにそって手軽にシーサーを完成させることができます。
器用で作業がはやい人ならば、たったの30分程度でかたちをつくることも可能です。

赤と白のどちらかの粘土を使って自分好みのシーサーを作成する『体験工房&沖縄雑貨 Atelier43』

『体験工房&沖縄雑貨 Atelier43』では、沖縄の白い土と赤い土、どちらかの粘土を選択してシーサーを作成できます。
シーサーの作成方法はお客様によってさまざまで、人によっては、限られた粘土を使って、一体の大きいシーサーをつくることも可能です。
また、粘土をふたつにわけることで、雌雄ペアのシーサーを作成することもできます。
完成したシーサーは、乾燥させた後に、窯で焼き上げて約1か月後に自宅へと届けてくれます。

強い雨が降っている沖縄では、雨の時にも楽しめるさまざまなレジャーを堪能してみることをおすすめします。
そのひとつとして、ぜひ興味がある『手づくりシーサー体験』に参加してみてください。

関連記事: