雨でも楽しめる機織り体験

雨でも楽しめるレジャープランについてあらかじめ決めておくと、強い雨が降った際にもすぐに予定を切り替えることができます。
本記事では、雨でも楽しむことができる体験教室のひとつにあたる『機織り体験』についてご紹介いたします。

西表島の草木で染めた自然由来の糸で機織りを体験できる『体験工房ギャラリーゆくい』。

『体験工房ギャラリーゆくい』の体験教室では、西表島の草木で染めた自然由来の糸で機織りを体験することができます。
また、体験教室で制作できる品物もとても豊富で、お守りやコースター、しおりなどを作成することが可能です。
つくるものは、いずれも身のまわりにあるささいなものですが、自然由来のどこか懐かしい素朴な色合いのある品の数々は、『体験工房ギャラリーゆくい』でしかつくれません。
さらに、幼い子どもも機織り体験に参加できるので、親子連れの方はぜひ参加を検討してみてください。

500年の歴史を持っている与那国織でオリジナルコースターをつくれる『徳美工房』。

『徳美工房』では、500年の歴史を持っている与那国織を体験してオリジナルコースターを作成することが可能です。
与那国織では、福木やハイビスカス、月桃など、与那国島に存在するさまざまな木々や草花を利用して糸を染色していきます。
島に独自の自然の色を使うため、ほかでは見られない独特の風合いが特徴的な品になります。
体験教室では、経験30年以上のベテラン講師がていねいに指導してくれるため、初心者から子供まで誰でも確実に思い出のオリジナルコースターを作成することが可能です。

かすりに四つと五つの模様が織り込まれていることに特徴がある八重山ミンサー織を体験できる『みんさー工芸館』。

『みんさー工芸館』では、かすりに四つと五つの模様が織り込まれている独特の八重山ミンサー織を体験することが可能です。
八重山ミンサー織には、「いつ(五)の世(四)までも末永く」という大切な人を想う気持ちが込められているので、思い出の品としては最適なものです。
また、ミンサー織に使う色は、さまざまな種類のものが用意されているため、自分や家族好みのミンサー手織りのコースターを作成できます。

沖縄の天気はとても変わりやすいため、旅行に向かう前に、あらかじめ強い雨が降った際の予定もしっかりと検討しておくことをおすすめします。
興味がある方は、雨が降った際の予定のひとつとして、ぜひ、『機織り体験』に参加してみてください。

関連記事: