沖縄観光の際には台風の動きに注意

沖縄旅行に行く人の多くは、夏場に旅行に行くでしょう。
特に8月は会社勤めの人の休みを取ることができるため、多くの人が沖縄に訪れるシーズンになります。
暑い時期に海に入ってリゾート気分を味わう、というのがこの時期に沖縄に行く人の目的になるかもしれません。
確かに8月は沖縄を満喫できる時期だといえるでしょう。
しかし注意すべきこともあります。
それが台風です。
台風も沖縄の名物といえるくらい、多くの台風が沖縄に接近していきます。
台風は日本の南の海上で発生することが多いですが、そのほとんどがまず沖縄に接近するような形で進路を取ります。
また、沖縄付近は海水温が高いため、勢力を拡大したまま近づいてくるので被害も大きくなります。
そもそも台風は年間に25個程度発生します。
そのうち3つほどが東京に接近します。
北海道は2つ接近すれば多い年と言えます。
では沖縄はどうでしょう。
沖縄は例年7つほどの台風が接近するのです。
中でも8月は多くの台風が接近します。
そのため旅行をする期間に台風が接近するということも大いに考えられるのです。
旅行に行けなかったり旅行先から帰って来れなかったりするでしょう。
こういったことも考えておく必要があります。
もし沖縄滞在中に台風が接近した場合には、宿泊先からでないことが重要になります。
離島の方が台風の被害が大きくなるので、台風の接近の可能性がある場合には、離島にはいかないほうがいいかもしれません。
離島から帰ってくるためにはそれなりの期間が必要になることもあります。
沖縄旅行に5月から9月までの間に行く人は、台風のことを必ず考えておく必要があります。

関連記事: