沖縄の気候のイメージと実際の気候に注意する

沖縄観光を楽しむ際にもっとも重要なのが気候になります。
雨が降っていたり風が強かったりすると旅行を満喫することができないこともあるでしょう。

沖縄の気候を知ることで、沖縄観光に活かすことができます。
沖縄の気候は基本的には亜熱帯気候です。
高温多湿で降雨量は本土よりも多くなります。
しかしずっと雨がふるというよりは、スコールに近いような短期的に大量の雨が降るという気候になります。
沖縄というと晴れていて暑いイメージを持つ人も多いかもしれませんが、海に囲まれているということもあり、天候は変わりやすいです。
また、真夏日になる日数はそれほど多くありません。
冬場でも10度を下回る日はかなり少ないです。
暑くもなく寒くもないのが沖縄だと考えておきましょう。
最近では沖縄を避暑地として旅行をするという人もいるようです。
これは都心のヒートアイランド現象が原因になります。
真夏には沖縄のほうが暑くないことも多いのです。
冬場には温かい沖縄へ旅行をするという人も多いようですが、風が強いため体感気温は寒く感じることもあるので、防寒はしっかりとしていきましょう。
沖縄は晴れているイメージが強いかもしれませんが、日照時間はあまり長くありません。
曇っている日が多いと考えておきましょう。
雲ひとつない晴れでも急に雲が発達し、雨が降るということも多いです。
夏場には晴れている日が多いですが、冬場にはあまりカラッと晴れるようなことはありません。
それでも沖縄の紫外線は半端ではありません。
沖縄観光に行く際にはどのシーズンでも紫外線対策をしておいたほうがいいでしょう。

沖縄の天候は基本的に変わりやすい

沖縄といえば夏の晴れた日をイメージする人も多いかもしれません。
そんなリゾート気分で沖縄観光に行く人も多いかもしれませんが、実際には常に晴れているわけはなく、それなりに天候に注意をしておく必要があります。

沖縄の天候は基本的に変わりやすいと考えておきましょう。
晴れていると思ったのにすぐに雨が降ってくるという事もしょっちゅうあります。
そのため天気の情報は本土にいるときよりこまめにチェックしておくといいでしょう。
また、沖縄の夏は本土よりも過ごしやすいといわれていますが、本土とは違った注意が必要になる事もあります。
冬には暖かいと思われていますが、実際には風が強く、寒く感じる事も多々あります。
旅行に行くシーズンに応じた準備をするようにしましょう。
夏場に沖縄に行く人は台風に注意が必要です。
沖縄は非常に多くの台風が接近します。
旅行に行っている途中に台風が接近するという事もあり得るのです。
旅行の予定変更も柔軟に対応できるように、余裕を持ってスケジュールを組んでおくといいでしょう。
沖縄の天候は変わりやすいのですが、雨が降るときはスコールのように一気に降ります。
その後すぐにやむ事が多いので、雨が降った場合には傘をさして移動するというよりは、どこかで雨宿りをした方がいいでしょう。
雨が降った後は滑りやすくなるので、注意が必要です。
夏は本土より過ごしやすいといっても、紫外線量はかなり多くなります。
そのため日焼け対策は必ず行う必要があります。
また、熱中症にも十分に注意が必要です。
リゾート気分で楽しむのもいいのですが、しっかりと注意や準備をしておく事が、沖縄観光を満喫するために必要な事になります。

本記事では、雨天時や台風がきた際のプランを考えておくことの重要性と、具体的に楽しめることについてご紹介いたします。

沖縄の天気はとても変わりやすいので、あらかじめ雨天時のプランを考えておきましょう。

沖縄に旅行する際には、あらかじめ雨天時のプランを考えておくことが必要不可欠です。
沖縄県の天気はとても変わりやすいため、さきほどまで快晴であったにもかかわらず、瞬く間にくもりはじめて、そのまま強い雨が降りそそぐことも珍しくないからです。
台風が来ていたり、強い雨が激しく降りそそいでいる最中に、外の砂浜でマリンレジャーを楽しむことはできません。
ですから、こまめに沖縄県の天気予報を確認しながら移動し、強い雨が降ったり、台風が接近しているという予報を確認した時点で、すみやかに雨天用の予定に変更することをおすすめします。

さまざまなイベントや展示が豊富な『美ら海水族館』。

入口からどんどん深く下って行く構造になっている『美ら海水族館』ならば、雨天でも問題なくさまざまなイベントや展示を楽しむことが可能です。
具体的には、展示されている水槽を真上から観察するツアーにはじまり、ジンベイザメのエサやりタイムの見学や、「沖縄の海」を観察できるフィルムの上映会などが用意されています。
「オーシャンブルー」というカフェからは、『美ら海水族館』を特等席で鑑賞しながらランチを楽しむことが可能です。

さまざまな魚介類を販売している『牧志公設市場』。

『牧志公設市場』とは、カラフルな魚にはじまり、エビや貝など、沖縄でしか見られないさまざまな珍しい魚介類を販売している市場です。
1階の市場で購入した魚介類は、対応しているお店ならば、そのまま自宅に配送してもらうこともできますし、2階の食堂で料理してもらうことも可能です。

台風がおとずれた時はホテルにとどまり映画やエステサロンなどを楽しみましょう。

台風が訪れた際には、外出することそのものが困難なので、レンタルビデオショップを利用して、自室で映画を鑑賞することもひとつの手です。
また、泊まっているホテルに設備があれば、外出できない分だけじっくりとエステサロンを楽しむこともおすすめします。
ただし、ただの雨天とは異なり、外出することが難しい台風においては、基本的に広範囲を移動することは難しいため、どこの施設も込み合いがちな点は注意しましょう。

沖縄県はとても天気が変わりやすいので、かならず台風や強い雨がいつでもおとずれ得るということを理解して行動することが大切です。

新着情報

◆2016/09/28
台風は沖縄で絶大な影響力を発揮しますの情報を更新しました。
◆2016/09/28
台風に直撃されたらすぐに食料を確保しましょうの情報を更新しました。
◆2016/09/28
台風でも遊べるレジャーを楽しみましょうの情報を更新しました。
◆2016/09/28
雨の日でも沖縄の体験教室や水族館を楽しめますの情報を更新しました。
◆2016/09/28
雨でも楽しめる琉球ガラス体験の情報を更新しました。