沖縄の気候のイメージと実際の気候に注意する

沖縄観光を楽しむ際にもっとも重要なのが気候になります。
雨が降っていたり風が強かったりすると旅行を満喫することができないこともあるでしょう。

沖縄の気候を知ることで、沖縄観光に活かすことができます。
沖縄の気候は基本的には亜熱帯気候です。
高温多湿で降雨量は本土よりも多くなります。
しかしずっと雨がふるというよりは、スコールに近いような短期的に大量の雨が降るという気候になります。
沖縄というと晴れていて暑いイメージを持つ人も多いかもしれませんが、海に囲まれているということもあり、天候は変わりやすいです。
また、真夏日になる日数はそれほど多くありません。
冬場でも10度を下回る日はかなり少ないです。
暑くもなく寒くもないのが沖縄だと考えておきましょう。
最近では沖縄を避暑地として旅行をするという人もいるようです。
これは都心のヒートアイランド現象が原因になります。
真夏には沖縄のほうが暑くないことも多いのです。
冬場には温かい沖縄へ旅行をするという人も多いようですが、風が強いため体感気温は寒く感じることもあるので、防寒はしっかりとしていきましょう。
沖縄は晴れているイメージが強いかもしれませんが、日照時間はあまり長くありません。
曇っている日が多いと考えておきましょう。
雲ひとつない晴れでも急に雲が発達し、雨が降るということも多いです。
夏場には晴れている日が多いですが、冬場にはあまりカラッと晴れるようなことはありません。
それでも沖縄の紫外線は半端ではありません。
沖縄観光に行く際にはどのシーズンでも紫外線対策をしておいたほうがいいでしょう。

沖縄の天候は基本的に変わりやすい

沖縄といえば夏の晴れた日をイメージする人も多いかもしれません。
そんなリゾート気分で沖縄観光に行く人も多いかもしれませんが、実際には常に晴れているわけはなく、それなりに天候に注意をしておく必要があります。

沖縄の天候は基本的に変わりやすいと考えておきましょう。
晴れていると思ったのにすぐに雨が降ってくるという事もしょっちゅうあります。
そのため天気の情報は本土にいるときよりこまめにチェックしておくといいでしょう。
また、沖縄の夏は本土よりも過ごしやすいといわれていますが、本土とは違った注意が必要になる事もあります。
冬には暖かいと思われていますが、実際には風が強く、寒く感じる事も多々あります。
旅行に行くシーズンに応じた準備をするようにしましょう。
夏場に沖縄に行く人は台風に注意が必要です。
沖縄は非常に多くの台風が接近します。
旅行に行っている途中に台風が接近するという事もあり得るのです。
旅行の予定変更も柔軟に対応できるように、余裕を持ってスケジュールを組んでおくといいでしょう。
沖縄の天候は変わりやすいのですが、雨が降るときはスコールのように一気に降ります。
その後すぐにやむ事が多いので、雨が降った場合には傘をさして移動するというよりは、どこかで雨宿りをした方がいいでしょう。
雨が降った後は滑りやすくなるので、注意が必要です。
夏は本土より過ごしやすいといっても、紫外線量はかなり多くなります。
そのため日焼け対策は必ず行う必要があります。
また、熱中症にも十分に注意が必要です。
リゾート気分で楽しむのもいいのですが、しっかりと注意や準備をしておく事が、沖縄観光を満喫するために必要な事になります。

新着情報

◆2015/08/12
沖縄の気候のイメージと実際の気候に注意するの情報を更新しました。
◆2014/02/17
当サイト管理している運営者等情報を新規投稿しました。
◆2014/02/17
お問い合わせはこちらを新規投稿しました。
◆2014/02/14
沖縄の地理についても知っておくの情報を更新しました。
◆2014/02/14
沖縄について知っておくといいの情報を更新しました。